スポンサーリンク

マンフロット カメラバッグ NX-M-GY レビュー

項目5点評価短評
デザイン4野暮ったさは無い
素材4合成繊維で軽量、撥水
中身へのアクセス5上面にファスナーあり
収納力3小型ミラーレス機まで。レフ機は無理。ペットボトルOK
三脚の収納0あきらめるしかない
使いやすさ4問題点はない
コスパ3お値段どおり

仕様

重量 400 g
レンズ数 3
三脚コネクション No
見の回り品用収納スペース No
素材 合成繊維
カメラケース奥行 22 x 9 x 14 cm
外寸 29 x 11 x 20 cm
内寸 28 x 10 x 19 cm
ノートPC収納スペース(内寸) 27 x 1.5 x 16 cm

小型のカメラバッグです

カメラバッグ。
悩みますよね。
むしろカメラバッグで悩まない人なんていない!
で、私が最近使っているのが、

Manfrotto メッセンジャーバッグ NEXTコレクション 5.3L コンパクト グレー MB NX-M-GY

というマンフロットの小型カメラバッグです。
メーカの説明ではミラーレスとレンズ3本入るとのことです。
これを使い始めて9か月が経ちました。
「このバッグどうなの?」と思いながら買ったのですが、使ってみた結果、用途が合うならばなかなか良いカメラバッグじゃんという感想です。
というわけでレビュー。


デザイン

正面

シンプルです。
カメラバッグにありがちな野暮ったさはありません。
マンフロットのマークが映えますね。

  • 外寸:20*29*11cm
  • 内寸:19*28*10cm
  • 重量:0.4kg。

軽いです。
ストラップはいたって普通で、もちろん長さの調節ができます。
パッドはありませんが、軽いので問題なさそうです。


背面

背面のサイドにも赤いマンフロットが。
これはゴム製みたいです。
小さいので邪魔になることはありません。
あと持ち手がついています。
ちょっとしたときに便利。


底面

何も無いです。
外の地面に直置きはやめたほうがよさそうです。


素材

合成繊維でできていてとても軽量です。
撥水らしいのですが……濡らしたことないので判りません。

アクセス

蓋はマジックテープで留めます。
バリバリ鳴るので、静かなところではちょっと恥ずかしいかも。
しかしこの蓋、なんとファスナーが付いていて、そこから中へアクセスが可能なんです。

開口部は少々狭いですが、これ、結構便利です。
私は基本的にはこのファスナーでカメラを取り出しています。


収納

カメラ収納部

クッション性のある内箱が入っています。
2枚の仕切りはマジックテープで自由に変更できます。
そしてこの内箱、取り外すことが出来ます。

中が広くなるのでカメラ用ではなく普段使いもできそうです。
デザインと底のマジックテープさえ気にならなければ。


カメラ以外の収納部

5か所あります。


前面

小物が入ります。
予備バッテリやSDカード入れても良いし、携帯なんか入れても良いでしょう。


中のスペース

平べったい物が入ります。
主にタブレットですかね。

タブレットはKindleFireの7インチしかもっていないので、それを入れてみました。
少し余裕あり。


背面のスペース

ファスナー付きです。
薄っぺらい物専用ですかね。
自分はPASMO入れたりします。


蓋の中

これはなかなかの少スペース。
たいして入りません。
ティッシュとハンカチくらい。

ネット

ネットがあります。
ここに何を入れるかは人それぞれだと思いますが、自分はペットボトル入れます。

外出にペットボトルが欠かせないんです。
少々きつめなんで、動いている間に落ちた、なんて事は今のところありません。
サイズ的に三脚は入らないと思います。
同じマンフロットのPIXIくらいなら判りませんが、持っていないので確認できません。

実際にカメラを入れてみる

α7IIとTamronの28-75mm Model A036とストラップ

フルサイズの標準コンビ。
正直ギリギリです。
α7IIのファインダー部分が引っかかって出し入れしにくいです。
仕切りなんか使う余裕はありません。


α6500とSONY SEL1635Zとストラップ

α6500は上面がフラットに出来ているので程よく収まります。
出し入れもしやすい。
このコンビだとスペースの空きは5cm程。
レンズもう一本は結構難しいですね。
パンケーキ型くらいか。


α6500とSONY SEL55F18ZとストラップとSEL35F28Z

今度はα6500と単焦点レンズ2本を入れてみました。
ストラップ入れると中が見えにくいで出しています。
これならいいですね。
35mmの上にクッション乗せればもう一本重ねて入るかもしれません。
小型レンズ限定ですが。


結論

というわけでこの「Manfrotto メッセンジャーバッグ NEXTコレクション 5.3L コンパクト グレー MB NX-M-GY」。
メーカーの説明ではミラーレスとレンズ3本となっていますが、うーん……それはどうでしょうね。
ミラーレスでも小型のモデルでレンズもパンケーキレンズを含むとかならば入るかもしれませんが、α7系では交換レンズの余裕は無いと思ったほうがいいです。
フルサイズ機だと必然的にレンズも大きくなりますからね。
マイクロフォーサーズなら良いでしょうけど、最近はマイクロフォーサーズも大型化しているから「全機種OK」とはならないかもしれません。
レフ機はもう駄目でしょうね。
レフ機用のバッグを探しているならこれより大きいサイズを選ぶべきです。
サイズが合うならば、半日程度のゆるめ散歩写真にちょうど良いバッグではないでしょうか。
自分がまさにそれなんで。
デザインは良いし、バッグ本体は軽くて撥水素材(試せてませんが)だし、結果として買って良かったと思っています。
散歩程度、ミラーレス機、交換レンズはほとんど持ち歩かないという人にはお勧めできるカメラバッグです。

スポンサーリンク