スポンサーリンク

カメラとレンズを簡単に掃除しよう

カメラとレンズの一番の敵は何か。

それは「ホコリ」と「チリ」と「水」と「カビ」です。

ホコリやチリは内部まで入り込んでくるし、カビもどこにでも発生する。

水は当たり前ですが、壊れます。

せっかく買ったカメラ、出来るだけきれいな状態で長く使いたいですよね。

そのために、清掃は欠かせません。

でも清掃といわれても、何をすればいいのか。

そこで今回は、なるべく簡単、お手軽にできるクリーニングの方法を紹介します。

値段の高い道具と技術は必要なし。

誰でも簡単に出来ます。

用意する物

ブロアー
レンズペン
クリーニングペーパー
クリーニングリキッド
綿棒
クリーニングブラシ

レンズの基本的なお手入れ

何はともあれ、ブロアー。

ホコリやチリを吹き飛ばします。

これが基本です。

レンズ前側、鏡筒、後ろ側、すべてをブロアーで吹いてください。

ブロアーは大き目のサイズが良いです。

持ち歩く用に小さなサイズも売っていますが、それはあくまで携帯用なので威力が弱いです。

HAKUBAがおススメ。

あとはクリーニングブラシで払いましょう。

ブラシは何でも良いですが、柔らかい物、毛が抜けないものを選びましょう。

私が使っているのはコレ。

これはタミヤのモデルクリーニングブラシ。

模型用ですが、とても使いやすいので個人的に気に入っています。

その他に、手垢が付いているところは綿棒を使って取り除くこと。

手垢はカビの原因にもなるので見つけしだい取り除きましょう。

以上が基本。

レンズを使った後は必ずやりましょう。

慣れれば1分も掛からないので、大した手間ではないですね。

レンズ表面が汚れた場合

レンズの表面に汚れが付いていた場合はどうすれば良いのか。

表面の汚れは大抵が指紋だと思いますが、他には水滴の跡、小さな虫がへばりついていたりもありますね。

こういう場合は、いきなり拭かないこと。

ホコリやチリが付いたまま拭くと傷になってしまう可能性があります。

まずは基本的なお手入れ同様、ブロアーで吹きましょう。

そして、クリーニングブラシで払う。

ホコリとチリを取り除いたら、レンズペンを使います。

レンズペンはその名の通り、レンズ用のペン型クリーニング用品です。

非常に便利な物で、これ1本でレンズ表面の汚れはほとんど対応可能になるのでぜひ持っておきましょう。

使い方は簡単。

チップ側(平らになっている面)をレンズに当てて軽く円を描くように拭くだけ。

これだけでほとんどの汚れをふき取ってくれます。

ゴシゴシやるのはNG。

それでも取れない汚れは、クリーニングリキッドとクリーニングペーパーと綿棒を使いましょう。

綿棒にリキッドをしみ込ませて汚れを軽く拭いた後、クリーニングペーパーでリキッドを軽く拭き取る。

これでOK。

いきなりティッシュでゴシゴシ拭く、というのは絶対にやめましょう。

カメラボディの清掃

カメラボディも使い終わった後にクリーニングします。

これも基本的にブロアー。

これだけで大丈夫ですが、手垢を見つけた場合は綿棒で取りましょう。

表面の汚れが気になったら濡れタオルで。

当然ですが水はNGなので、濡れタオルを使う場合はきつく絞ること。

カメラのセンサー部分

センサーにホコリやチリが付いていると写真に影響します。

定期的にブロアーで吹いてあげましょう。

カメラを下に向けて下からブロアーで拭く。

センサーを上側に向けることだけはやめましょう。

うっかりくしゃみをして、唾を飛ばしたらもうアウトです。

センサー面を下に向けておけば、短時間なら安心です。

ブロアーを吹くときはちょっと遠くから軽めに。

一眼レフ機の場合はミラーアップしてから吹くように。

ここで、カメラ内部には絶対に手を触れないようにしてください。

デリケートなので絶対に。

センサーの汚れがひどい場合はセンサークリーニング用の器具を使うやり方もありますが、慣れが必要なのおススメできません。

各メーカーにセンサークリーニングのサービスがありますから、利用しましょう。

水に濡れた場合

もしカメラを濡らしてしまった場合、すぐに水をふき取ってください。

吸水性の高いタオルでとにかく拭き取る。

出来るだけ早いほうが良いです。

特に可動部や接合部、ボタン周りなど、水が入りやすい、溜まりやすいところを注意深く。

これは防滴カメラだとしても必ずやりましょう。

濡らしたまま保管していると、一緒に保管している他のカメラやレンズにカビが発生しやすくなります。

水分は徹底的に拭き取ってください。

まとめ

冒頭にも書きましたが、ホコリやチリは放っておくと内部に入り込むことがあります。

手垢はカビの原因にもなります。

こういったアクシデントは日々の清掃で減らすことが出来るんです。

面倒がらずに使う度のクリーニングをお勧めします。

手間といってもブロアーで吹くだけなら10秒くらいですし、それ以外の事はたまにでもやれば良いくらいでから。

どんな道具も清掃は基本。

良い写真を撮るために、クリーニングの習慣を身に着けましょう。

 

スポンサーリンク