スポンサーリンク

散歩写真 浅草

SIGMAのArt 135mm F1.8 DG HSM Eマウント用を買いました。

でかくて重いとは知っていたけど、実物を見たら本当にでかくて重い。

主に散歩しながら写真を撮るので、

「これを持ち歩いて散歩するの?」

となりますが、当然、やるしかない。

というわけでこのレンズとα7IIを持って浅草へ行ってきました。

 

埼玉県民なんで、西武線で池袋へ。

で、池袋から山手線で上野へ。

動物園側は数回行ったことあるから、今回は反対方向へ。

パンダ橋口という所からスタート。

なんか汚いですね

スマホも地図も持っていないので、この瞬間から迷子。

目的地も予定もないのでキョロキョロしながらとりあえず東方向へ歩く。

上野だし、何かしらあるだろうと楽観視していたが、特に何も無し。

時折写真を撮りつつ道をくねくね歩いていたら、徐々に通行人が増え始めた。

どうやら国際通り。

そしてスカイツリー発見。

バスが邪魔だったかな

という事は浅草寺が近い。

というわけで目的地を浅草寺へ。

目的無く歩くと浅草寺へたどり着くようになっているんですね。

国際通りから雷門通りへ。

雷門まで行こうかと思ったけど、どうせ混んでいるだろうから途中で商店街へ入る。

そこからまたくねくねとしたら仲見世商店街。

そしてとうとう浅草寺。

いやあ、人多いですね。

しかもほぼ外国人観光客。

というわけで、しばらく浅草寺で写真を撮った。

浅草寺経験2回目なんで、まだどこを撮ったら良いのか判ってません。

しかも今回は初の135mm。

悪戦苦闘しながらシャッター押しまくり。

天気がちょっと不安定で、瞬間的に晴れたと思ったらすぐに曇ったり。

全体的に曇りのほうが多かったかな。

隅田川の辺りも歩きたかったけど、浅草寺でちょっと疲れてしまったので、帰宅。

浅草周辺、さすがに密度が高くて、歩き回るには1日じゃ足りない。

これはポイントを絞って数回に分けて行くのが良いのではないか。

というわけで、また行こう。

 

それにしてもSIGMAのArt 135mm F1.8 DG HSM、

ほんと、よく写る。

もう開放からバリバリ。

しかし今回は135mmの単焦点が初めてだったから、戸惑いながらの使用。

135mmって、ほんと望遠。

大体において、撮ろうとファインダーをのぞくと「近すぎる」となる。

で、後ろ下がって撮るかそのままの距離で撮るか迷う。

近すぎるんだけど、下がったら135mmの意味が無いような……

よく言われる「切り取り」の感覚をまだまだ掴めていない。

これは要練習。

ただ、今回に関して良かったのは、望遠だと観光客が入らないこと。

建物の全体図は撮れないけど、局所的に撮れば他の観光客は入らない。

これ良いですね。

この辺りも切り取りの感覚だろうから……やっぱり要練習か。

結局は練習か。

打つべし。

あと、α7IIのせいかもしれないけど、AFが合いにくい時が度々あった。

数回迷ってから最終的に外すといった感じ。

フォーカスレンジリミッターはあるけど、近距離側の幅が0.875~1.5mて狭い気が……

なんですかね、マクロ的に使うための幅設定ですかね。

3mくらいまであると良いと思うんだけど……

そんなこと言っても、SIGMAのArtレンズ、確かに素晴らしい。

サイズと重量はアレですけど、それでも使いたくなるというのは良く判る。

しばらく、頑張って使ってみよう。

このレンズ、使いこなせる日は来るだろうか。

      これは地元の川

スポンサーリンク