スポンサーリンク

塩船観音寺のつつじ祭り

つつじ祭り

5月4日に青梅にある塩船観音字寺のつつじ祭へ行ってきました。

塩船観音寺は有名なお寺で年間通して様々な行事がありますが、このつつじ祭りが一番有名……ですかね?

過去数回行ったことがある経験上、混雑することは判っていたので、自転車で行ってきました。

つつじ祭りに合わせて臨時駐車場が用意されるんですが、近隣まで行くと混んでいてストレスが溜まるので車はパス。

そもそも車の運転ってあまり好きじゃないし……

というわけで自宅からは1時間ちょっとかかるけど自転車。

で、自転車を漕いで塩船観音に到着したら案の定、とても混んでいました。

まだ午前中だったので車は臨時駐車場になんとか収まっていたようですが、それでも誘導している係員は声を張り上げて大変そう。

いやほんと、自転車にして良かった。

ちらっと見えたけど、駐車場料金は700円のようです。

自転車はもちろん無料。

でも、自転車置き場にロードバイク用のラックはありませんでした。

自分のはスタンド付きのクロスバイクなので問題なかったですが。

入場料は300円。

混んでいるけど、大して待たずに入場できた。

それで中の様子はこんな感じ。

つつじが所狭しと咲いています。

なんかカラフルで、様々なフレーバーのアイスクリームみたいですけどきれいです。

これ、つつじの間に通路があるので、結構歩けるんですよね。

ただ通路は狭いので、あまり立ち止まっていると邪魔になってしまうので注意が必要。

もちろん大半の通路が舗装されていないので、歩きやすい靴を履いていったほうが良いです。

あと当然ですが、虫が飛んでいるので苦手な人は注意。

それにしてもつつじだらけなので、歩いているだけでも楽しいです。

塩船観音寺立像

これは最奥にある観音像

かなり大きいです。

2010年にできたようで、まだ新しい。

観音像の足元からは寺の敷地全体が見渡せます。

見晴らしは良いのですが、今回は混んでいたので行きませんでした。

他にも本堂や阿弥陀堂もあるのですが、やはり混んでいるのでパス。

この辺は普段は空いているので、他の日に寄ってみるほうがいいんじゃないかな。

鐘楼の鐘も撞けるようですが、これももちろん行列。

なので、常に鐘の音が聞こえてきました。

やっぱり鐘があると撞きたくなるんですかね?

2時間近く、歩きながら写真を撮っていました。

楽しいんだけど、なんか似たような構図ばっかりになってしまった。

人が多いので、フレーム内に入れないようにすると、どうしても同じになってしまう。

それに色彩の感性が低いのか、カラフル具合を一枚の写真に収めるのはどうも苦手で、やはり単色の写真ばかりになってしまう。

やはり中年男には色鮮やかな写真を撮るのは難しい。

ま、どうせ下手くそなんだから、あまり深く考えずに気楽に撮っていました。

で、帰ろうと自転車置き場へ行ったんですが、なんか自転車に違和感。

どうやら倒された様子。

まあ、倒されたままになっていなかったのでいいんですけど。

別に高級な自転車でもないし。

しかしハンドル横に着けていた後方確認用の小さなミラーが外れていた。

なんだかなあ。

今回の機材は

ボディ α7II

レンズ TAMRON 28-75mm F2.8 Di III RXD

このレンズ、やっぱり万能だ。

超近距離と超遠距離以外撮れないものはない……て、それは当たり前か。

実際、花を撮るのには向いていると思いますよ。

そういえば、こういう所へ行くと何故か「写真撮ってください」と頼まれることが多いのですが、案の定、今回も頼まれました。

大体スマホを渡されるんですけど、人のスマホ持つのって緊張するんですよね。

落としたらイカンし、スマホで写真撮るのにも慣れていないんで、毎回ビクビクしながら撮ってます。

今回は大丈夫だったのだろうか。

スポンサーリンク