スポンサーリンク

プラモデルを作る スコープドック ターボカスタム 後編

WAVE 装甲騎兵ボトムズ 1/35 スコープドッグ ターボカスタム

完成。

スコープドッグやりすぎだろうか。

これじゃ、土手に長年放置されていた感じですよね。

どう見ても、動きそうもないでしょコレ。

なんか作業しているうちに楽しくなっちゃって気付いたらこんなになっていたんですよね。

反省。

今回行った工程は以下の通り。

制作工程

まず全体にガイアノーツのフラットクリアーを筆で軽く塗る。

次にタミヤのエナメルのフラットアースで全体をウォッシング。

全体の色が何となく暗くなったのを確認してからコレ。

ガンダムマーカー ウェザリング用

もう売っていないようです

ずいぶん昔に買って残っていたものです。

これで塗って乾燥させてから綿棒などで軽くこするとそれっぽくなるというスグレモノ。

とても便利……なのですが、確認したらずいぶん前から販売は終了してるっぽい。

ヒットしなかったんですかね……

とにかく定着しないんで、これで塗った後は触れないというのがやはり受け入れられなかったのかな。

上からクリアーでコーティングすれば問題ないので、自分的にはとても良い物と思っていたけど……もう手に入らないのは残念。

今回はこの余り物の中から、マッドブラウンを使用。

これで適当に泥汚れを付けていきました。

他にはスートブラック(すす)で、ミサイル周りを、バーントアイアンでガトリング周りを塗った。

それからラストレッド(さび)で錆びそうな部分を塗ったのですが……これはマッドブラウンとの違いが少なくてあまり意味なかったかな。

お次はコレ。

タミヤ ウェザリングマスター

定番ですね。

Eセットのイエローでエッジ部分にドライブラシ。

かなり薄めにやったためか、後々見ると効果が薄かったかなと。

反省。

それからAセットのマッドも使いました。

ガンダムマーカーで上手く乗らなかったところはこれで誤魔化しています。

これもなかなか定着しないですが、とても使いやすい。

手に入れやすいし、値段も高くない。

ウェザリングやる人は持っておくべき。

チッピング

次はスポンジを使ったチッピング。

チッピングとは、スポンジに塗料を付けて軽く押して細かな傷や欠けを表現する方法。

使用するスポンジは安い食器用で構わないけど、今回は便利道具を買ってみました。

5本入りです。1本使ってしまったので。

ガイアノーツ NAZCAブランドのスタンピングスポンジ。

手が汚れない優れもの。

これにタミヤのエナメルフラットブラックでエッジを中心にチッピング。

チッピングはスポンジに塗料を付けてからそのままスタンプするのではなく、キッチンペーパーで塗料をある程度落としてからやるのがコツ。

落とさずにスタンプするとベチョッとなっちゃうんですよね。

トップコート

最後にコーティング。

「クレオス Mr.プレミアムトップコート つや消し」

水性なのでいろいろと安心。

これで全体につや消しコート。

ベランダでやりました。

多少のホコリが入っても気にならない。

この辺もウェザリングのいいところですね。

しかしこのトップコート、ちょっと白くなってしまった所も。

スコープドッグ
バックパックの下△が白くなった

まあ、気にしない。

これで完成。

スコープドッグスコープドッグスコープドッグ荒いし、ちゃんと塗れていない部分もあるけど……特に関節周り。

でも塗り忘れたわけじゃないんです。

そこは汚れなかっただけ。

これでいいんです。

ただ今回反省したのは、やはりバランスは重要だという事。

泥汚れに対して、ドライブラシとチッピングの量がちょいと少ない。

泥を減らすか、ドライブラシとチッピングを増やすかしないとね。

その辺は、やり続ければそのうちに判るようになってくると思う。

それにしてもWAVEのプラモデルも良くなったもので、昔のFSSのキットなんかはもう……

ボトムズのプラモデルがこんなに簡単に買えて作れるなんて、うれしいですよね。

組み立てる前は、

「接着剤不要なんて書いてあるけどどうせ必要なんでしょ?」

なんて思ってたけど、本当に接着剤はいらないし、パーツも細かく分割されているし、合わせ目も極力目立たないようにされている。

素組みでも充分な完成度のキット。

いやほんと、ありがとうございます。

今回の制作時間は3日くらい。

休日を使えば月に1体くらい作れるかな。

自分が楽しめる範囲でのお手軽なウェザリング、いいですね。

楽しかったんで今後もちょいちょい作っていこうかな。

スコープドッグ

スポンサーリンク