スポンサーリンク

Planar T* 1.7/50 MMJ

Y/Cマウントの「Planar T* 1.7/50 MMJ」買いました。

いや、新しいレンズが欲しくなったんです。

で、使っているカメラがSONYのEマウントだから、当然SONYのラインナップから考えるんだけど……

困ったことに、買いたくなるレンズが無い。

GMレンズってすごいのは判るんだけど、とにかく「高い、でかい、重い」の3拍子揃っているから、素人で下手な自分にとっては少々やりすぎのレンズであって、ハッキリ言って手が出せない。

ならば他メーカーだけど、それもなかなか欲しいのが見つからない。

そんな中、フォクトレンダーのレンズにはちょっと惹かれたので物色している時、

「MFのレンズを買うならオールドレンズでもいいかな」

と思い立ちました。

マウントアダプターが必要になるけどオールドレンズなら当たり前のことだし、それこそアダプターを追加するだけで他メーカーのカメラボディも使えるようになるし、いいじゃんとなった。

で、オールドレンズと言ったら、思いつくのはやはりY/Cマウントのカールツァイス。

Y/Cマウントは初めてなので、ここは手堅く、

「Planar T* 1.7/50 MMJ」

に即決。

MMJにした理由は、特に無いです。

というか違いが良く判っていないので、そこは考えなかったです。

SONYのツァイスはいくつか持っているけど、すべてSonnarなので、初のプラナー。

買ったのはもちろん中古品ですが、かなりきれいです。

レンズに曇りやカビもなく、チリが少し入っているだけで実写には影響なさそう。

外装に傷もほとんどなく、マウント部分も未使用みたいにきれい。

問題なく実用出来そうな中古品です。

マウントアダプターはK&F Concept。

これも問題なし。

こんな箱に入っていました。

フードはamazonで買った55mmのやつ。

α6500に装着


というわけで早速、撮影に行きました。

場所は市内にある智光山公園。

バラを撮りに行きました。

フォーカスがMFのみになるので、中央部を拡大させてピントを合わせてから構図を決めて撮る、の繰り返し。

コサイン誤差が発生するけど今回は気にしない。

拡大枠がもう少しスムーズに動かせればいいんですけどね、α6500。

それにしても、使っていて楽ちん。

MFだから面倒、と思うかもしれないけど、そのぶんレンズ本体が小さく軽いので、MFも苦にならないです。

そもそも、そのように使うよう作られたレンズですしね。

絞りリングはカチカチッと1段ずつ動きます。

必要あるかどうかはさておき、細かく動かせば1/2や1/3も出来そう。

そして問題の画質は……とても良いです。

今回撮ったのはバラがメインだったのですが、個人的には緑が良い感じ。

特に明るめの緑。

なんでしょうねこれ……単なる気のせいなんですかね?

手すりを撮ったんですけど、雑草に光が当たっている辺りがとても良い感じ

もっといろいろと撮ってみないと判らないですね。

開放で撮るとさすがにフワッとしますが、それはそれで良いし、絞ればキリッとする。

これは開放だった気がする。ピントが合ってないけどなんか良いんですよね

今回は撮るのに夢中で、バラの品種を記録するの見事に忘れました。

智光山公園のバラは無料で見られるのでおススメ。

アジサイはまだまだ

今回の写真は全て、RAWデータをLightroomで露光量調整、カメラプロファイルをカメラ標準にしたのみ。

それ以外はいじっていません。

exifが無いんで、設定値は良く判りません。

CGみたい

しかし、本当によく写りますね。

正直に言うと、カールツァイスやプラナーの「らしさ」というのはまだ判っていませんが、それでも写真を見ると「良いね」となる。

もっと様々な被写体を撮ってこのレンズの特徴を理解しなくては。

とは言っても、理解したらしたで、また次のレンズが欲しくなるんでしょうけどね。

これが沼の入り口かもしれない……

スポンサーリンク