スポンサーリンク

Panasonic LX100M2 #01

パナソニックのコンデジ「LX100M2」買いました。

ここ最近、コンデジが欲しかったんですよ。

もちろんコンデジなら何でもいいというわけじゃないです。

センサーサイズに関して言えばやっぱ1インチ以上欲しいじゃないですか。

それからRAWで撮れて、レンズもできるだけ明るいほうが良い。

とまあ、いろいろ条件付けて探していたら、それを満たすカメラはアレとかアレとか色々あって結構悩みました。

で、最終的にPanasonicの「LX100M2」に決定。

4/3型センサーを搭載したお値段ちょっと高めのコンデジ。

これ、初代のLX100が出た時から気になっていたんですよね。

結局、初代を手にすることは無かったですが。

M4/3機は以前、オリンパスの「OM-D E-M5」の初代とMarkIIを使ってましたでの、それ以来……二年くらいか?

といっても、これは正確なM4/3とはちょっと違うんですよね。

マルチアスペクト対応で、M4/3よりセンサーの面積はちょっと小さいはず……

気にする必要はない程度でしょうけどね。

そして実は、パナソニックのカメラを買うのは初めてなんです。

最近のパナソニックは攻めてますよね。

フルサイズのSシリーズとか。

なので、ここらでパナソニック機を試してみるのも良いかと。

もちろん、一番の理由は面白そうなカメラだからという事ですけどね。

2018年10月に発売したばかりの新製品。

個人的に発売したての新製品のカメラを買う事ってめったにないので、なんか最前線って感じがして新鮮。

もしかして、ここまで新しいカメラを買ったのは初めてかも。

へたくそなんで多少古いカメラでも満足できちゃうのでね……

付属品は

  • バッテリー1個
  • USBケーブル
  • レンズキャップ
  • レンズキャップ用のワイヤー
  • ACアダプター
  • ショルダーストラップ

バッテリー単体で充電するチャージャーはついていません。

最近このパターン増えましたね。

賛否両論あると思うが、自分的にはOKかなと思う。

というのも、チャージャーが本体付属だとダブる場合があるんですよね。

なので欲しい場合だけ買えばいいと。

充電する場合は、付属のUSBケーブルを本体に挿して行います。

それにしても良いですね。

絞りリング、SSダイヤルを搭載した、クラシカルな雰囲気のあるカメラです。

絞りリングは1/3段階で回せます。

程よい固さ。

近くにアスペクト比変更のスイッチがあります。

マルチアスペクト対応だからこれはうれしいですね。

SSは見ての通り、1段ずつ。

コントロールリングと併用すれば1/3段まで調節できます。

しかしこの露出補正ダイヤルはどうだろうか。

ここまで来たらISO感度のダイヤルにしても良かったのでは……

というかISO感度はSSダイヤルにビルトインしてくれれば良かったのになあ。

まあそれはともかく、露出補正専用ではなく普通のダイヤルじゃダメなのだろうか。

そうすれば好きな機能を割り当てることが出来るだろうに。

これはこのLX100だけじゃなく、SONYのカメラにも言えることだけど。

シャッターボタンは、半押しでもハッキリとしたクリック感があります。

ズームレバーもついています。

他にもレンズ周りには物理スイッチ類が多いです。

フォーカス切り替えスイッチとコントロールリング。

通常のAFとマクロAFとMFの切り替えが瞬時に可能。

通常のAFはズーム全域でレンズ先端から0.5-∞m。

マクロAFは広角端でレンズ先端から0.03-∞m、望遠端で0.3-∞m。

結構寄れますね。

でもこれって……常にマクロAFでも問題ないような気が。

スピードに差が出るんですかね?

それからコントロールリング。

これはいろいろな機能を割り当てることが出来ます。

MFの時も便利ですね。

後は上面と背面にファンクションボタンが5つ、液晶のタッチパネルにファンクションボタンが5つの計10個あります。

背面液晶は固定式。

自撮りはしないから困らないけど、チルト式でも良かったかな。

いや、別にいいんですけどね。

それから、電源を落とすたびに液晶画面に「LUMIX」と出る。

これは……ちょっとださい、かな。

EVFも有り。

調整ダイヤルが大きくてやりやすそう。

ホットシューはカバー付き。

グリップ部分は皮になっているので滑らない。

背面にも親指用のグリップがあるのでありがたい。

重量は392g。

重さに対して充分なホールディングが出来そうなグリップです。

持った感じ、かなりしっくりきます。

レンズは「LEICA DC VARIO-SUMMILUX」

F1.7-2.8。

焦点距離は10.9-34mm。

望遠端でこれくらい

35mm換算で24-75mm。

……マルチアスペクト対応だから、従来のM4/3型とはちょっと違うんですね。

とりあえずアスペクト比は3:2で使っていこうかなと思っています。

有効画素数は16Mになるけど気にしない。

 

このLX100M2、ほんと良さそうなカメラですね。

ぱっと見た感じ、大きな不満は無さそうです。

細かい点を言えば、露出補正ダイヤルと背面液晶が固定式という事ですかね。

まあ、これらはどうにでもなる点なんで、大した問題じゃないです。

まだ箱から出しただけなんで、気になるのはそれくらい。

あとは実際に使ってみてどう感じるか。

そしてどんな写りをするのか。

そこが一番重要ですよね。

楽しみ。

 

それから今回、一緒に自動開閉するレンズキャップも買いました。

DMW-LFAC1

純正品です。

説明書には、これを装着するとフィルターは使えないとのこと。

そうかな……なんかちょっとだけ隙間があるんですけど。

超薄型のフィルターなら行けるんじゃないか?

自分はフィルター付けるつもりないんで、どうでもいいですけどね。

 

スポンサーリンク

ブログLX100M2,雑記

Posted by モグラ