スポンサーリンク

HG 1/144 RX-78-02 ガンダム GUNDAM THE ORIGIN版 組み立て編

オリジン版のHGガンダム

発売当初、手に入らなかったのですが、最近になってもう一回探してみたらありました。
ちゃんと再販されるのはいいですね。
というわけで、さっそく作ります。

普通のHGサイズの箱です。
踏ん張っている感じがいいですね。
あと、シールドの向きがプロっぽい。


中身

ランナー9枚とポリキャップ。
素材はPSで、ポリキャップはPE。
クリアーバーツはビームサーベルのみ

あとは説明書とシール2枚
水転写デカールは無し。
まあHGなんでしかたないですね。


組み立て

特に難しいこともなく、普通に組み立てられます。
色分けもほぼ完璧ですが、数か所に問題が。

色分け

顔は3パーツ。
カメラアイと赤い隈?の部分が分割されています。
特に赤い部分の分割は、塗分けしないといけないかな? なんて思っていたのでラッキー。
というわけで、シールが嫌な場合はカメラアイだけ塗ればOK。
まあ、塗るなんて大げさなことではなく、ガンダムマーカーで黒く塗ってから目の部分だけ落とすだけなので簡単です。

それにしてもなんでガンダムの頭部バルカンは黄色なんですかね。


腰の黄色いvマークも塗分けが必要。

シールがあるので、それでもOK。

あとは肘と膝の関節、それからアンクルガード、ハイパーバズーカのゴーグルもシールになります。


前期型か中期型か問題

前期型と中期型のからの選択式になります。
パーツはハメ込み式で、完成後に差し替えることはできません。
なので、組み立て時にどちらかを選ぶしかないです。
今回は前期型を選択します。
ショルダーキャノンがあるので。


それ以外組み立てに関しては、難しい箇所は無し。
ニッパー一本でできます。
合わせ目やゲート後も極力目立たなくなるように配慮されています。
団落ちモールドもありますが、そもそもパーツの合いがピッタリなので合わせ目が普通に目立ちません。
可動域もすごいから、たいていのポージングが可能です。
といってもこの辺はもはや近年のガンプラでは当たり前になっていますね。
武器も豊富で、ビームライフルは前期型と中期型で2丁作れちゃいます。
でもガンダムハンマーとビームジャベリンはありません。


完成(素組み)

普通にかっこいいですね。
ただし、気になった点として、全体的にちょっと線が細い感じがする。
これは個人の好みによって分かれると思うけど、自分はもうちょっと太いほうがいいかな。

これから部分塗装、スミ入れ、デカール貼り、艶消しトップコートの予定。

次回へ続く。

スポンサーリンク